刺子エプロン

ふたこまやです。

 

朝晩の風が秋らしくなってきましたね。

 

新しい季節を迎え、身の回りの物も新調したくなるからでしょうか?

 

今日は刺子エプロンが人気です。

image2

豊橋発祥の手筒花火。上げ手が火の粉を被りながら着ているのが刺子の半纏(はんてん)です。

 

昔ながらの火消しの装束としても用いられてきました。

 

この伝統的な生地を生かした、シックでシンプルなエプロン。

 

黒い刺子の縦ラインがすっきりと細身に見せてくれます。

 

胸部分を内側に折り返せば、ギャルソンエプロンに変身。

image3

本日は、豊橋で障がいのある方達と共に美味しいパンを作られている、豊生 ら・ばるかさんがお越し下さり、配達の時に、と刺子エプロンをお買い上げ下さいました。

 

美味しいパンと笑顔と一緒に、刺子エプロンが豊橋中を回るのかと思うとワクワクしてきます。配達無料とのことです。

 

他にも刺子シリーズいろいろ取り揃えております。

image4

 

本日も読んでくださって、ありがとうございます!