施設の全体

heimenzu
 

1.主屋(おもや)

 
木造平屋・一部二階 面積179.12㎡
文化10年(1813年)、七代当主の善蔵常政が隣地を購入したことで間口が4間から6間余りに広がったため、翌年に普請をおこなって建設されました。 安政元年(1854年)の大地震により大破したため、翌年に修繕をおこないました。
 

2.脇門(わきもん)

 
木造
明治末期から大正期にかけて、離れ座敷や茶室へ客人を招き入れるために建設されたものと考えられます。
 

3.離れ座敷(はなれざしき)

 
木造平屋 面積95.78㎡
明治末期から大正期にかけて、来客用に建設されたものと考えられます。 主屋と結ぶ渡り廊下も同時に造られ、西側に中庭を、東側に浴室、便所、洗い場を併設しています。
 

4.茶室(ちゃしつ)

 
木造平屋 面積22.86㎡
明治期に建設されたと考えられます。4畳半の茶室に3畳の水屋2間が付いています。
 

5.南土蔵(みなみどぞう)

 
土蔵造二階 面積71.42㎡
記録によれば、田村家では安永3年(1774年)と天明元年(1781年)に土蔵を新築しており、 どちらかが南土蔵と考えられます。間口2間1尺、奥行5間で、敷地内の3棟の土蔵のうち、 これだけが出入り口を南側に向けているため、間口が3間余であった頃の敷地形状に沿って建設されたものと判断できます。
 

6.中土蔵(なかどぞう)

 
土蔵造二階 面積82.70㎡
安政3年(1856年)に建設された土蔵です。 すでに敷地幅が6間余あったので、幅2間半、奥行5間の規模とし、 また品物を出し入れしやすいように出入り口を東側に設けたと考えられます。
 

7.北土蔵(きたどぞう)

 
土蔵造二階 面積139.12㎡
明治末期から大正期にかけて建設されたと考えられます。 規模が大きく、1階に板床がなかったことから、家財道具や商品ではなく、 作業用道具や資材などを収納していたと考えられます。
 

8.北倉(きたくら)

 
木造平屋 面積44.51㎡
嘉永3年(1850年)に現在の位置に建設されたことが知られており、さまざまな道具や資材の置き場として使われたと考えられます。(内部は非公開)

 

 
 

蔵カフェ「こまや」

 

◎蔵カフェこまや立て看板(最終版)
心が落ち着く 静か〜な 本物の蔵カフェ「こまや」
 
落ち着いた雰囲気でコーヒー・紅茶・米ジュース
日替わりランチが楽しめます。

 
 
*営業時間:11:00〜16:30
  (オーダーストップ16:00)

*ランチタイム:11:30〜13:30
  (ランチは1日限定20食)

*ばあばの日(各月第3金曜日 開催月 5月、6月、7月、8月、10月、11月、1月、2月、3月)
       :11:30~12:30
  地元の方が作る、特別ランチ。予約がお勧めです。
  なお、当日は、カフェは「特別ランチ」のみの営業です。

*和ふたヌーンティー(毎月1回  2日に開催)14:00~ 限定10食
  開催日の5日前までにご予約ください。
  午後のひと時を、お菓子とフレーバーティでお楽しみください。

 

 
 

駄菓子・雑貨・お土産「ふたこまや」

 

◎ふたこまや立て看板(最終版)

豊橋名産品

豊橋筆・帆前掛け・刺子グッズなど豊橋を代表する名産品を取り揃えています。
令和元年には帆前掛けを専門に作る工場が二川に出来ました。
肌がつるつるになりシミもとれる奇跡のシルクブラシも人気商品。
自分用またはご贈答用にもどうぞ。

 

美味しい土産物

レモンくりすぴい&二川レモンかしわ餅(期間限定)
  河合果樹園のレモンを使用した駒屋オリジナル商品

駒屋の紅茶
  連続日本一に輝いた二川の後藤製茶さんの紅茶

豊橋産ハチミツ
  近藤養蜂場の完熟ハチミツ。糖度はなんと80%以上

 

手作り製品

地域の方達による懐かしい手づくり製品がずらりと並んでいます。

全て一品ものです。